スポンサードリンク

2013年09月08日

シミ治療向け皮膚科

シミがどうしても気になるようでしたら、皮膚科を受診してみるのもいいでしょう。

ハイドロキノンクリームを処方してもらえば3000円くらいで、確かな効き目を感じられます。

ハイドロキノンクリームは、ネットでも売ってますが、皮膚科で処方してもらったほうがいいです。


しみ治療向け皮膚科の選び方

しみやそばかすを消すなどお肌の治療は長期戦になりがちです。

しみの種類に従って治療方針が示されます。
通いやすい近くの皮膚科が便利です。



しみを消す治療には、保険が利かない治療もあります。

料金、保険適用や効果、副作用など納得できるまで詳しく、納得行くまで説明を聞きましょう。


しみ消し治療の種類

・内用薬投与
・外用薬投与
・ケミカルピーリング
・レーザー治療


しみ消しにより効果を上げるには、レーザー治療と内用薬や外用薬と併用する方が良いでしょう。

老人性色素斑やそばかすには、レーザー治療が最も効果的です。

さらに外用薬としてレチノイン酸やハイドロキノンが塗布されることが多いです。


| シミ対策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。